• 水. 4月 24th, 2024

ゼロ知識証明で暗号資産の透明性を向上させる方法とは?

Takashi Matsumoto

ByTakashi Matsumoto

7月 24, 2023

暗号資産のセキュリティは、発展する市場において懸念事項となっています。ブロックチェーンネットワークは、情報の機密保持をサポートします。しかし、それは透明性を促進するものでもあります。zk-SNARKとMerkle treesの組み合わせは、この問題に対する効果的な解決策を提供することができます。

このガイド記事では、ゼロ知識証明について、またブロックチェーンネットワークにおけるその必要性について学びます。さらに、読者は、Merkle treesとzk-SNARKの組み合わせが、ユーザーにどのような利便性を提供するかも学びます。

ゼロ知識証明を理解する

ゼロ知識証明によって、検証者と呼ばれる一方の当事者の正当性が、証明者と呼ばれる他方の当事者によって検証される。その状況は、特定の条件下でしか開けられない鍵付きの箱を所有していることに似ています。しかし、それを開けることができる人が他に何人か存在する。

この状況をゼロ知識証明にするには、箱の鍵を他の人に知られないようにします。彼らは鍵を知らないが、あなたはそれを明らかにすることなく、あなたがそれを知っていることを保証することができます。

ゼロ知識証明はなぜ必要なのか?

ゼロ知識証明は、認証情報を明らかにすることなく、状況のプライバシーを維持します。搾取を避けるために情報を明かしたくない状況において有用です。

暗号資産取引では、ユーザーは秘密鍵を誰とも共有することなく所有することができます。さらに、ユーザーは個人情報を維持したまま、金融情報を明らかにする必要がある場合もあります。

専門用語によるゼロ知識証明の説明

ゼロ知識証明の満たすべき要件は3つあります。それらは以下の通りです:

  • ゼロ知識である:検証者は、その声明が真である場合、真であること以外には何も学習しない。
  • 完全性:真の声明の場合、検証者は証明を使用せずにその真正性を確信する必要があります。
  • 健全性:虚偽の声明の場合、証明を使って検証者に証明する必要がない。

zk-SNARKを理解する

「Zero Knowledge Succinct Non-interactive Argument of Knowledge」は、略してzk-SNARKとして知られています。このプロトコルは、ゼロ知識原則を厳しく使用しています。これは、ユーザーが実際のハッシュ値を知っていることを証明することを可能にします。また、所有者に個人情報や詳細を明らかにする必要はありません。

Zk-SNARKは暗号資産の世界では一般的に使用されています。しかし、公開鍵と秘密鍵は、ユーザーの好奇心を刺激する可能性があります。データを改ざんし、顧客の残高のバックアップを作成するのに役立ちます。

Merkle Treesを理解する

Binanceのユーザーは、資金を集計するために大量のデータを操作する必要があります。大量のデータは、膨大なデータ量を保存できるMerkle Treeを通じて表されます。

Merkle Treeは、ハッシュ関数を用いて入力を符号化します。これは、可変のデータセットを利用して、固定のデータ出力を作成するものです。出力の暗号化された長さは、アルゴリズムのハッシュによって作成されます。したがって、入力が一定である限り、出力は変わらない。

すべての新しい取引は、新しい値を作成するハッシュ関数を通じてブロックチェーンに追加されます。Merkle Treeは、いつでも操作されたデータを検証するのに役立ちます。

zk-SNARKとMerkle Treesの組合せ

ユーザーは通常、プライバシーの問題から、自分の準備金や残高の構成を共有したくありません。zk-SNARKは、暗号取引所がMerkle Treeのバランスセットに貢献するのを支援します。このプロセスに参加することで、誰でもリーフノードにアクセスすることができます。

Binanceは与えられた指示に従い、Merkle Treeを構築するためにzk-SNARK証明を生成します。また、制約を受けるための証明のための複雑な計算の実行も支援します。ユーザーは自分の残高がMerkle Treeに参加していることを確認し、Merkle proofを検証します。

まとめ

ユーザーはzk-SNARKsを通じて、プライバシーとデータの完全性を同時に享受することができます。開発者は、顧客の信頼を築くためにアプリケーションを拡大しています。取引所プラットフォームに透明性を提供し、準備金の証明を支援します。暗号資産業界の開発者たちは、長い間このような開発を待ち望んでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Skip to content