• 水. 2月 21st, 2024

近年、非代替性トークン(NFT)は、市場でいくつかの暗号資産に代わる受け入れ可能な存在として台頭しています。NFTは、アートやゲームの世界にイノベーションをもたらしつつあります。NFTは、顧客に製品の完全な所有権を提供し、完全なセキュリティと透明性を確保します。

この目的のために、投資家はポリゴンなどのブロックチェーンネットワークを使用したメタバースプラットフォームやデジタル資産に投資する複数の機会を見出します。このガイド記事では、ポリゴンがトレーダーに提供する機会と、プラットフォーム上でNFTを販売および購入する方法について学びます。

ポリゴンブロックチェーンとは?

ポリゴンは、ネットワークのスケーラビリティの懸念を解決するために、イーサリアムブロックチェーンと並行して動作する別のブロックチェーンネットワークです。ネットワーク上の取引は、Proof of stakeネットワークを使用して検証されます。そのため、ポリゴンは、スマートコントラクト機能やネットワークへの相互運用性を提供することに加え、取引手数料やガス料金を顧客に提供しています。

ポリゴンは、異なるブロックチェーンネットワーク間の通信を可能にすることで、複数の分散型アプリケーションを統合して作成することができます。開発者は、取引額が低く、頻度が高いプロジェクトを作成するために、このプラットフォームを使用します。

ポリゴンでNFTの作成

いくつかのプラットフォームは、ユーザーがプラットフォーム上でNFTをミントする機会を無償で提供しています。また、RaribleやOpenSeaなどのプラットフォームでは、「Lazy Minting」というオプションも提供されています。ユーザーは、これらのプラットフォームを利用して、初期費用を支払うことなくデータを収益化することができます。

NFTを作成する側ではなく、買い手がガス料金を支払うようにするのです。さらに、イーサリアムネットワークに渡されるトランザクションの数も自動的に削減されます。必要な手続きを済ませると、ユーザーは自分の暗号資産ウォレットをプラットフォームに接続することができます。

ポリゴンでNFTを購入する

トレーダーがNFT取引を始めるのに役立つ、いくつかのマーケットプレイスやNFTアグリゲーターがブロックチェーンネットワーク上で利用可能です。これらには、OpenSea、Rarible、Hodl My Moon、Candy Shop、NFTradeなどがあります。

ユーザーは選択したマーケットプレイスをポリゴンNFTウォレットと統合する必要があります。NFTの購入手順は、NFTが固定価格かオークションで販売されているかによって異なります。必要な資産を選択した後、ユーザーは「カートに入れる」を選択し、購入プロセスを完了する必要があります。

ポリゴンネットワークをETHで接続することで、トレーダーの変動が激しい手数料が減少し、購入のための予算が削減されます。

ポリゴンでNFTを販売する

ポリゴンでコレクションを販売するには、特定の手順を踏む必要があります。まず、「My Collection」から必要なトークンを選択します。そして、そのコレクションに適した販売価格を設定した後、販売に必要なすべての手数料を確認します。その後、「Complete Listing 」を選択し、プロセスを続行します。

これにより、ユーザーは統合された暗号資産ウォレットにたどり着き、ポリゴンネットワークに移行する必要があります。最後に、ユーザーは選択したNFTが売却のためにリストアップされたことを確認するリクエストを受け取ります。

OpenSeaでポリゴンNFTを探す

OpenSeaのマーケットプレイスはイーサリアムネットワーク上で運営されており、ユーザーはポリゴンやソラナといった複数のプラットフォームからNFTを購入することができます。ポリゴンにリンクされた非代替性トークンには、プラットフォーム上の他の商品と区別するロゴがあります。さらに、トレーダーは、利用可能なリストからポリゴンブロックチェーン上でホストされているNFTを見つけることもできます。

OpenSeaポリゴンNFTには、トレーディングカード、スポーツ、写真、音楽、アートなど、約4300万件の資産のリストが含まれています。また、利用可能なフィルターは、トレーダーが利用可能なオプションを絞り込むのに役立ちます。ユーザーは、このプラットフォームから必要な資産を簡単に購入し、取引ポートフォリオを多様化することができます。

まとめ

非代替性トークンは、人が所有するあらゆる資産のデジタル証明書として機能します。現実世界のオブジェクトを仮想的に表現するため、ユーザーの間で人気が高まっています。また、NFTマーケットプレイスとの統合により、ポリゴンのようなプロトコルも出現しています。このプロトコルは、ユーザーが簡単にトークンを作成し、取引できるよう支援するものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Skip to content